白髪も「老けた」印象を与えるので気になる人も多いと思います。

私もまだ数は少ないのですがちらほら見えてきて、
結構、気になっています。

白髪についても詳しくみていきたいと思います。

白髪になる原因って何?

私たちの髪の毛も毛髄質にはメラニンという色素が含まれています。
そして、そのメラニンがあることによって人体に有害である紫外線を髪で吸収することができます。

メラニンはまず、毛乳頭にあるメラノサイトという色素細胞で作られます。
メラノサイトの活動が何らかの理由で低下してしまうとメラニンが作られずに白髪になってしまいます。

メラノサイトが活動しなくなってしまう原因は何でしょう?

1.遺伝
白髪には遺伝的な要素が強いです。
統計上でも出ている結果のようです。
若白髪や子供の白髪の原因の大半は遺伝によるものです。

2.加齢による新陳代謝の衰え
髪の毛は細胞分裂を繰り返すことによって伸びていて、
また、メラノサイト代謝を繰り返すことによって
機能を維持しています。

その代謝が悪くなってしまうと
メラノサイトの活動も低下してしまうというわけです。

3.ストレス
精神的なストレスで白髪になるということはよく聞きます。
フランスの王妃だったマリーアントワネットは1晩牢屋に入れられただけで
次の日には髪の毛が真っ白だったなんて言われていますが、

ストレスが白髪と関係があるのは血流によるものだと考えられます。
ストレスがかかると人間は首や肩などが力んでしまったり呼吸が浅くなってしまったりで
頭皮への血行が悪くなります。

その結果、毛乳頭に栄養が行き渡らなくなってメラノサイトの活動が低下してしまいます。

4.生活習慣
栄養不足や睡眠不足なども白髪の原因になります。
まずはこの2つの習慣を続けていくと代謝が落ちます。
そして、栄養不足の場合は髪まで栄養が行き渡らなくなってしまいます。

白髪の予防の仕方

1.食生活を見直そう
上記にも書いた通り栄養をしっかり摂ることが白髪予防には大切になります。

特にミネラル、タンパク質、ビタミンが健康な髪には必要です。
特に不足しがちですが亜鉛は髪の形成に欠かせないものです。

牡蠣やレバー、チーズ、卵黄などに含まれていますので、
意識して摂るようにしてください。

2.運動する習慣を作ろう
適度な運動は血行を促進する効果もあり、
髪にも良いです。

ストレス発散にもなり白髪対策になります。

楽しんで続けられる運動を探してみてはいかがでしょうか?