なるべくコストをかけずに育毛したいという気持ちは誰しもお持ちだと思います。
「ただでさえ高い育毛剤にお金を使っているからそれだけで効果を出したい。」と
思いますよね?

私もそうです。

ここでは育毛シャンプーの必要性について検証してみたいと思います。

育毛シャンプーと一般シャンプーの違い

育毛シャンプーが高いのにはそれなりの理由があるはずです。
育毛シャンプーはなぜ高いのでしょうか?

その1 洗浄力・洗浄成分の違い

まずはこれが一番の違いのようです。

一般的なシャンプーのほとんどは石油系の界面活性剤が多く使用されています。
この石油系界面活性剤が使われていると、育毛に必要な適度な皮脂まで奪ってしまいます。

その結果、フケが出たり、よけい脂性になったり、頭皮環境が悪化する恐れがあります

特に、薄毛が気になりだした頭皮というのは痒みが気になっていたり、
以前よりも脂っぽくなっていたりと不安定です。
そんな頭皮には石油系界面活性剤はかなりの刺激物と言えます。

一方、育毛シャンプーの洗浄成分はどんな物なのでしょうか?

育毛シャンプーのほとんどが洗浄成分にアミノ酸系界面活性剤を使用しています。
当サイトでご紹介しているシャンプーは全てアミノ酸系界面活性剤使用です。

アミノ酸とは何なのか?というと、タンパク質を構成している成分です。
私たちの髪の毛や肌などはタンパク質で出来ています。
髪と同じ成分で洗うからアミノ酸系のシャンプーは髪や肌に優しいのです。

実際、私も育毛シャンプーに変えてから、髪の軋みと頭皮の痒みが
かなり改善されました。

そもそも石油系界面活性剤は車の洗浄などに使われている成分です。
市販のシャンプー、恐るべしですね・・。

その2 栄養

当然といえば当然ですが一般シャンプーには
育毛の為に必要な成分というのは入っていません。
育毛シャンプーには入っています。

まず、上記にあげたアミノ酸が髪の毛と同じ成分ですので髪の栄養にもなります。
そして、その他に育毛に良いとされている成分が含有されています。

どんな成分かはシャンプーによってそれぞれです。
ただし、育毛剤に比べると育毛成分の含有量は多くありません
育毛シャンプーのみで育毛効果をねらうのはちょっと、無理があるようです。

また、育毛シャンプーには保湿成分が含まれているものも多いです。

その3 頭皮に刺激があるものを使用していない

これは全ての育毛シャンプーに当てはまるわけではありませんが、
ほとんどの育毛シャンプーには香料・着色料・鉱物油
などの頭皮に対する刺激になるものや、

洗髪後にシャワーで髪を流した後に髪や頭皮に残りやすいものが入っていません。

市販のシャンプーには必ずと言っていいほど添加物が入っています。

これだけ見ていくと育毛シャンプーには高いだけの理由があります。

育毛シャンプーの役割は頭皮の改善が第一です。
そして、その後につける育毛剤の効果を高めていきます

まずは育毛剤のみを使用して様子をみてみてから
育毛シャンプーを導入するのもいいかも知れません。
ただ、市販のシャンプーはなかなか恐ろしいです。