殺菌シャンプーというのがなかなか売れているという
話を聞いたことがあります。

脂症の方は殺菌シャンプーを
好んで使う方も多いようです。

しかし、

「ちょっと待って!!!」

と言いたいです。

殺菌シャンプーには
恐ろしい真実が隠されています。

殺菌シャンプーは怖いです!

常在菌の役割

一見するとすごく良さそうな気がする
殺菌シャンプーは実はかなり注意するべきものです。

私たちの皮膚には外界からの人体に有害な微生物や
細菌などの侵入を防ぐ皮膚というものがあります。

この皮膚には常在菌というものがあります。
皮膚の常在菌の数はなんと1兆個!

もちろん頭皮にも常在菌が存在しています。

そして、常在菌にはそれぞれ役割があるのです。

例えば皮膚常在菌の1つである、
「表皮ブドウ球菌」があるおかげで
肌はしっとりとした状態を保っていられます。

また、皮膚のphを弱酸性に保ち、
肌を安定させていたり、

人体に有害な細菌やバイキンを常在菌が
食べてくれることもします。

殺菌シャンプーで毛が抜ける!?

もうご察しの方もいると思いますが、
殺菌シャンプーを使い続けることによって
この常在菌までもが死んでしまいます。

すると肌は乾燥したり、phが安定しなかったり、
外界の細菌などの刺激に負けてしまったりします。

常在菌はかなり生命力が強いのでちょっとのアルコールや
海水などでは死なないのですが、
殺菌シャンプーを毎日するという攻撃には耐えられません。

乾燥した肌というのは本当にもろいもので、
フケが出てくるなどは序の口で、
抜け毛につながる可能性もあります。

また、皮脂の保護膜が作られにくくなると
髪の毛自体も傷んできます。

私自身も肌が弱いので殺菌シャンプーは絶対に使わないです。

どうしても使いたいという方はお医者さんに
相談してみた方が良いよ思います。