女性は肌に対しての意識が非常に高いです。
特に顔の肌に関していえば、
私たち男性にはビックリするような金額の

高級クリームや化粧水を使ったりしています。

そんな肌には細心の注意を払っている
女性達なのですが、
エステシャンの友人に話しを聞くと、

一番大切なケアはクレンジングだそうです。

ニキビや肌荒れのお客さんは良質なオイルのクレンジングで
マッサージをすると
肌がよくなることがほとんどだそうです。

女性の美肌作りのためにクレンジングが
重要なように男性の頭皮にも
シャンプーはとても大切になります。

『たかがシャンプーで髪が変わるはずはない』と
思うのは間違いです。

髪の毛は化学製品に対してとても
敏感に反応します。

良いシャンプーってどんなシャンプー?

答えを先に言ってしまうと

髪と頭皮を傷めることなく汚れのみをしっかり落とせる
シャンプー

が良いシャンプーになります。

しかし、これがなかなか無いのが現状です。

昔から油は油でよく落ちると言われていて、
機械工場で働く人なんかはまずは油で手を洗っています。

女性のメイククレンジングも同じです。

ファンデーションなどのメイク用品は原料が油ですので
それを油で落とす行為がクレンジングとなります。

シャンプーも同じ理屈になりますから、
新陳代謝した皮脂とはがれた角質が落とせる成分を
入れる必要があるわけです。

しかも、皮脂や角質と似た成分であればあるほど良い、
ということになります。

皮脂の主成分は油で角質の主成分はケラチンという
たんぱく質です。

良質な油とコラーゲンのようなたんぱく質を洗浄成分に用いた
シャンプーがあれば、髪も頭皮も傷まずに洗浄できるということですね。

しかし、コラーゲンは高いのです。

高い保水能力があるコラーゲンは女性の化粧水などにも
配合されている成分ですが、原価がとても高い。

だから、市販のものはコラーゲンモドキとして、
あまり良質とはいえない油などで潤っている感じを
演出しますが、良くない油が毛穴には良いはずもなく・・。

ちなみにシャンプーは髪の毛を洗うものと
思っている方も多いですが、シャンプーは頭皮を洗うものです。

しっかりと頭皮の皮脂汚れと角質などが落ちていれば、
髪の毛はおまけ程度に洗っておけば良いです。

そういう意味でも頭皮に良いシャンプーを選びたいですね。

最近の育毛シャンプーの洗浄成分はアミノ酸が多いようです。

アミノ酸は肌を構成している物質ですので、アミノ酸が洗浄成分である
ことは重要ですね。

そして、保湿成分にも気をつけたいところです。
コラーゲンは最高として、
様々な保湿成分がありますが、それらをご自分でもチェックする必要があります。

そしてできればコラーゲンが入っているものを選ぶ。

値段は高くても頭皮や髪にはとても良いです。