最近、CMやドラッグストアーなどでも
ノンシリコンシャンプーという言葉をよく
目にしますね。

ちょっと気になるこの、ノンシリコンシャンプーについて
調べてみました。

シリコンって何?

まずは今回の話しの主役のシリコンを確認しておきましょう。

シリコンは有機化合物です。
光や熱や摩擦に強くてシャンプーに配合すると
髪の毛をすすぐ際の摩擦を軽減することができ、

また、髪の毛が乾いた後では髪の表面を
なめらかにして、指通りや見た目をよくする
こともできます。

シャンプーのボトルの成分表示を見てみると
「ジメチコン」「シロキサン」「シリカ」などの
表記があり、これがシリコンです。

なぜノンシリコンが良いの?

ノンシリコンシャンプーを販売しているメーカーによると

「シリコンの使用で毛穴が詰まってしまう」、
「シリコンはパーマやカラーに対して悪影響を与える」
「シリコンはトリートメントなどの有効成分の浸透を妨げる」

というシリコンの弊害があるという事です。

だからノンシリコンシャンプーが誕生したというわけです。

実際シリコンは頭皮や髪に悪いの?

しかし、実際、他のシャンプーメーカーは
「シリコン入りに問題はない」と言っている
所も少ない。

結局どっちなの??

と思いますが、学会ではシリコンが
頭皮や髪に悪影響という学説には
疑わしいというのが、定説のようです。

むしろ、シリコンが入る事により、
「髪の毛キューティクルがダメージではがれるのを防止できる」
という見方もあるようです。

問題はシリコンよりも・・・

シリコンは悪の親玉ではないようです。

それよりも問題なのは
粗悪な質の界面活性剤や無駄に洗浄力の強い洗浄成分です。

調べてみると、台所の食器洗剤と成分はほぼ同じで
シリコンなどのコーティング剤が入っていて、
手触りなどをごまかしている、なんて物が多々あります。

ノンシリコンシャンプーにもシリコンに
変わるコーティング剤は含まれているわけで、
結局は洗浄成分などは同じです。

問題は「ノンシリコンだから髪に良い」というのとは
別のところにあるわけです。

シャンプーを選ぶときはシリコンの有無ではなく、
界面活性剤の質や洗浄成分の質で選ぶべきですね。