パーマ編とカラー編に分けてお伝えしている
「美容院シリーズ」の今回はカラー編です。

しっかりとリスクを考えて
カラーやパーマをしていただきたいと
思います。

カラーの仕組みとその影響

カラー剤は大きく分けて3種類あります。

①永久染毛剤(ヘアカラー)

一般的に「カラー」というとこの種のカラー剤を
思い浮かべる人が多いと思います。

いろんなカラーに染めることができ、
髪の毛の明るさも明るくしたり、暗くしたり
できるので、多くの人に利用されている
カラー剤です。

永久染毛剤は1液と2液を混ぜて使います。
1液にはジアミンと呼ばれる染料が主に入っています。
2液は過酸化水素が入っています。

仕組みとしては

2液の過酸化水素がキューティクルをはがし、
髪の中のメラニン色素を壊します。
その後、1液が髪に作用して髪の毛を染めていきます。

説明を聞くだけで髪の毛にダメージが大きいことが
分かると思います。

ジアミンはアレルギーを起こす場合もあるため、
ジアミンで頭皮が荒れてしまう人もいます。

そして、2液の過酸化水素も非常に刺激の強いものです。

私は友達の美容師に2液のみを触らしてもらったことが
ありましたが、なんと、
指の皮膚が白く溶けました。

かなり痛かったです。

1液と2液を混ぜると中和されて皮膚が溶けるなんて
ことにはならないようですが、
薬としてはかなり刺激が強いと考えた方が良いです。

このカラー剤は染めている最中に頭皮に
刺激を感じる人も多く、
痛みや違和感を感じたら我慢せずにすぐに美容師さんに伝えてください。

②マニュキュア

これは脱色作用のないカラー剤になります。

髪の毛が明るくならないので、
黒い髪にこのカラー剤で髪の毛を染めても
ほとんど変化が分かりません。

このカラー剤がよく使われるのは
白髪に対してが多いです。

白髪に施すと色味によっては
かなりビビットな色味を表現することが可能です。

マニュキュアは酸性染料とも言われています。
髪の毛の表面に付着し、
髪表面のタンパク質と染料が結合し、髪を染めていきます。

髪の内部に侵入しないために
髪に対するダメージが少ないのが特徴です。

③ヘナ(草木染)

ヘナは植物の一種です。

ヘナのエキスが髪の毛のタンパク質と
絡みつくことにより染色します。

美容院で使われているヘナは粉状になっていて
それをちょうど良い固さになるように水で溶かして
使います。

頭皮にベッタリ付けるように塗ります。
すると、毛穴の汚れを吸着したり、
皮脂をコントロールしたり、

泥パックのような役目をします。

また、ヘナのエキスは髪の毛に良いとされ、
使っていくうちに

「髪の毛にハリが出てきた」
「抜け毛が減った」

という効果もあります。

ただ、ヘナは100%自然の植物染料だと
かなりのビビットなオレンジ色に染まります。

その為、最近ではヘナの科学染料を混ぜて使うことが
多いです。

そうなってくると結局は科学染料で髪の毛は痛みます。

おしゃれを追求することも大切ですが、
髪の毛や頭皮の事も考慮して
美容師さんとしっかり相談して髪型を決めていくのが良いですね。