髪の毛が増えてきたら、更にレベルアップで
ヘアスタイルをかっこよく決めていきましょう。

ちなみに整髪料と言われれものには
数種類あります。

ざっとご紹介すると

・ワックス
・ジェル
・ムース
・スプレー

などです。

これらは仕上がりの質感固まり度(髪の毛のホールド力度)
が違います。

ジェルは濡れたような質感に仕上がり、
「パリッ」とした感じになります。

ムースも濡れたような質感になりますが、
ジェルのように固まらないものが
多いです。

髪の毛を一番固められるのは
スプレーです。

今日は男性の髪型では一番使いやすい
ワックスについて解説します。

ヘアワックスの使い方

ヘアワックスはとてもいろんな種類があります。

美容院やドラッグストアで購入することができます。
ドラッグストアで売られているヘアワックスの方が
安価ですが、

自分のヘアスタイルにあったワックスを選ぶこと
重要なので、美容師さんと相談して
決めた方が成功します。

それでは、ワックスの使い方を解説します。

朝、起きた時に寝癖がついていた場合は
髪の毛の根元から濡らします。

この時に毛先だけ濡らすと、
一瞬、寝癖が治ったように見えますが、
時間が経って髪の毛が乾いていくと

再び寝癖が出てしまうので
気をつけてください。

髪の毛を濡らした場合は
ドライヤーで髪の毛を乾かしていきます。

ドライヤーで乾かす時には
自分のしたい髪型になるように
イメージをしながら乾かしていきます。

この時に半乾きだとセットが崩れる要因に
なるので、しっかり乾かしてください。

完全に髪の毛が乾いたら
ワックスをつけていきます。

ワックスをつける時に大事なことは
つけすぎないこと!
これが一番大切です。

指先に少しワックスを取って
手のひらに載せてワックスを広げます。

両手のひらをこすり合わせて両手のひらの全体に
ワックスがついている状態にします。

ワックスをいよいよ髪の毛につけていきます。

この時に大切なことは3つ

①ワックスは髪の毛の根元にはつけない
②後ろから前に向かってつける
③一箇所にワックスが固まってつかないようにする

ワックスをつけるのは

襟足

サイド

前髪

の順番になります。

この順番にするのは前髪が一番ワックスがつけやすい
場所だからです。

そのため、前髪ばかりについてしまうのを
防ぐために襟足からワックスをつけていきます。

この順番でワックスをつけていけば失敗が少ないです。

そして、夜は必ずワックスを洗い流して
育毛剤などで頭皮ケアをしてください。