市販で売られているシャンプーの
怖さはこのサイトでもお伝えしている通り。

婦人科系の医師はよく
「最近の患者さんは子宮がシャンプーの匂いがする」
と言っています。

それもかなり強烈な匂いみたいです・・。
恐ろしい!!

経皮毒ということが
よく言われていますが、
皮膚からそんなにシャンプーって入ってしまうのでしょうか?

アーユルベーダってご存知ですか?
インドの医学です。

アーユルベーダでは患者さんに
あった薬草オイルを肌に塗ることで、
体の中まで治していく、というのです。

アーユルベーダのオイルが
身体の中に入っていくということは
シャンプーが入ってもおかしくないですよね!?

肌は思ったよりも
吸収率が高いのです!

そして経皮毒にはもっと厄介なことが。

食べ物に気を使って身体に悪い
食べ物は食べないようにしようと
思っている人が多いですが、

食べ物でとった毒は腎臓や肝臓で
処理されて90%以上が体外へ排出されます。

しかし、経皮毒は排出されにくくて、
10日たっても10%以下しか排出されていないのです。

そして経皮毒は男性は前立腺に溜まってしまう、
らしいのです。

対処方は2つ
①あまり経皮毒を摂取しないように気をつける。
②肝臓の働きを強くして解毒パワーをアップする。

そこで本日のオススメは
アーユルベーダで使用されている、
アーマラキーというもの。

これはスパイスのようなものだと
思っていただければ良いです。

もちろん食べられます。

アーユルベーダではアーマラキーは
内臓を強化し、細胞を若返らせるとされています。
そして、ビタミンCが豊富です。

それでは、アーマラキーを実際に使ってみましょう!

トリートメントを地肌につけてしまっている
人はもういないかと思いますが、

このアーマラキーで行うトリートメントは
ヘッドスパのような意味合いで
地肌にベッタリとアーマラキーをつけてください。

アーユルベーダではアーマラキーには
育毛・美肌効果があるとされているのです。

<h3>アーマラキートリートメントのやり方</h3>
①アーマラキーの粉を水で溶いて、マヨネーズよりも
少しゆるいくらいの固さにする。
②シャンプー後の髪の毛や頭皮にペースト状になった
アーマラキーをペタペタと塗る。

アーマラキートリートメントをすると
髪の毛が最初はギシギシとするそうです。

これは髪の毛についてる良くないもの
が反応しているからで、何回か
続けるとあるとき「スルッ」と指通りが

良くなるそうです。

細毛の人はハリ・コシがでるとか!

アーマラキーはネットで
1500円程で買えるようです。