トランス脂肪酸」という言葉をご存知でしょうか?

今、広く使われているサラダ油などには多く含まれているものです。

トランス脂肪酸には動脈硬化や、悪玉コレステロールの増加、
ガン、免疫機能の低下など、
様々な身体への悪影響が報告されています。

つまり、老化を早めてしまう油だということです。

カナダやデンマークでは食品への混入を禁止していて、
アメリカでも2006年より禁止、
その他の多くの国でもトランス脂肪酸の含有量を

食品の裏に表示するのが義務づけられています。

そんな恐ろしいトランス脂肪酸なのに
未だ日本では何も規制がされていません。

自分で注意をするしかないのです。

動脈硬化や免疫機能の低下などは
もろに育毛に影響してしまいます。

抜けやすく育ちにくい頭皮になってしまうということですから。

トランス脂肪酸を多く含む食品

なるべくトランス脂肪酸は摂らないに越したことはありません。
以下の表を見て、気をつけてください。

・マーガリン
・菓子パン
・コーヒークリーム
・冷凍食品
・ケーキ
・ドーナッツ
・マヨネーズ
など。

トランス脂肪酸に対抗するオメガ3

オメガ3という言葉もなかなか聞き馴染み
がない言葉ですが、
こちらはなんと

「身体を若返らせる油」

と言われています。

オメガ3系の油には

動脈硬化を防ぎ、悪玉コレステロールを減少させ、
免疫機能を高めるなどの効果があります。

その他にも中性脂肪を減らす効果もあるんだとか!

私も、オメガ3系の油を毎日摂るように
しています。

オメガ3を多く含む油は
エゴマ油、亜麻仁油などになります。

最近ではスーパーでよく売られていますので
見つけやすいかと思います。

オメガ3の摂取方法には注意が必要です。
というのも、オメガ3は熱に弱いので
油ですが、熱するのはNGなのです。

できあがった料理にちょこっとかけたり、
サラダのドレッシングに混ぜたりと
火にかけずに摂取してください。

オメガ3系の油も割とお手頃価格ですので
毎日の習慣にしたいですね。