梅雨は湿気と温度と雑菌が最も繁殖しやすい季節です。
そんな梅雨は育毛にとって、注意が必要な時期になります。

まずは、基本ですが、毎晩シャンプーをしっかりとして、
頭皮や髪を完全に乾かしてから寝ることが大切です。

時々、半乾きで寝てしまう人がいますが、
髪は少しでも濡れている時に
枕などで摩擦が起きると

傷んだり、切れたりしてしまいます。

そして、頭皮も湿気があれば雑菌が繁殖しやすいので
必ず、完全に乾いた状態で寝てください。

雨にあたるとハゲるって本当?

よく「雨にあたるとハゲる。」と言いますよね。
これって本当なのでしょうか?

確かに雨には皮膚や髪の毛にとって
有害な物質を含んでいます。

窒素酸化物や酸性物質などです。
そして、降り始めの雨は特に
大気中のホコリなんかも含んでいて

なかなか汚いです。
『ちょっとだったらいいや』と
傘をささずに歩く人がいますが、

なるべくなら、傘をさした方がいいですね。

ただ、雨に濡れるとすぐに
ハゲるかというと、
そうでもなくて、

雨に濡れたことによる
有害物質やホコリなどの汚れが蓄積すると、
頭皮などにダメージが溜まっていき、

抜け毛につながる、ということのようです。

対応策としては、シャンプーをしっかりすること
です。

雨に濡れてしまった日には特にシャンプーを
しっかりめにしてください。

梅雨に帽子はOKか?

薄毛が気になって年中帽子を
かぶっている人っていますよね?

『梅雨に帽子って蒸れそうで・・。』と
心配だと思います。

しかし、帽子をかぶることは
悪いことではありません。

梅雨時期は意外と紫外線も強いため、
帽子は紫外線から頭皮を守るのに有効です。

ただ、やはり気になるのは湿気です。

普段から、帽子の中は汗をかいたりしたら
すぐに拭き取り、なるべく
湿気がこもらないようにしておいた方が良いですが、

梅雨時期は特に空気が湿気ているため
より注意が必要になります。

帽子は時々脱いで、
清潔なハンカチなどで
頭皮を拭くようにしてください