img_01

フロジンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
これは病院での薄毛治療でよく使われている
薬の名前になります。

ミノキシジルと比べてメジャーでなはないのですが、
薄毛治療で広く使われています。

フロジン液とはこんな薬です

フロジン液は成分名を塩化カルプロニウムといいます。
塩化カルプロニウムは胃の働きを活発にするので
慢性胃炎、弛緩性便秘などに用いられますが、

毛のうに働きかけ、外用薬として塗った場合、
塗った箇所の血管を拡張する作用があることから、
血管の流れを良くして、毛乳頭へと栄養が行きやすい状態に

してくれるので、脱毛症にも用いられています。

気になる副作用ですが、肌が敏感なときに塗ると
皮膚が赤くなる場合があるようです。

また、悪寒は吐き気などを覚えるという方も
まれにいるようです。

お風呂上がりなどは肌が敏感になりやすいので
刺激を感じるなどした場合は使用を中止したほうが
良いでしょう。

塩化カルプロニウムが配合されている薬品では
他にジェネリック医薬品のアロビックスがあります。

薬局で購入できるカロヤンガッシュ(医薬部外品)にも
塩化カルプロニウムは配合されているようです。

ただ、フロジン液とアロビックスは塩化カルプロニウムの
配合が5%に対してカロヤンガッシュは2%の配合率です。

フロジンとミノキシジルどっちが効くの?

日本皮膚科学会において、A(行うよう強く勧められる)
と評価されているのでミノキシジルの方が効果が高いと
私は思います。

ちなみにミノキシジルは額の生え際には効果がないようです。

フロジンもミノキシジルも両方共、血管拡張作用があることが
認められていて、毛乳頭への栄養の運搬能力が上がるという
ことが言われていますが、

運搬能力が上がっても、運搬されている血液が栄養不足では
毛乳頭への栄養が十分とはいえません。

どちらを使用するにしても睡眠や食生活などを整えて
血液自体を健康的にすることを心がけてください。