育毛剤と発毛剤さらには養毛剤まで、、、。

薄毛改善をうたった商品は巷に数え切れないほどあります。

『自分にはどの商品が合うのか?』と
迷うのは仕方がないことですね。

ここでは育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いを解説したいと思います。

まず、これらの「薬事法」という法律によって分けられています。

育毛剤は医薬部外品、
発毛剤は医薬品、
養毛剤は化粧品という区分になっています。

医薬部外品は「予防」に重点をおいた商品で
医師や薬剤師の処方箋がなくても購入することが
可能で効果が期待できる成分が入っているもの。

医薬品は基本的に医師や薬剤師の処方箋が
購入するためには必要で(最近ではインターネットで

海外から取り寄せることができますが、)
症状の改善が望めるもの。

医薬品は医薬部外品よりも効果が高い分、
副作用がある場合があります。

医薬部外品と医薬品は入っている成分で
分けられるということですね。

化粧品は人の肌につけることを前提に作られた
製品で効果が穏やかなものを化粧品といいます。

ですから薬事法でいう、効果の高さ順で並べてみると

医薬品→医薬部外品→化粧品

の順になります。

また、育毛剤、発毛剤、養毛剤は
効果の違いもあります。

育毛剤は頭皮の状態をよくしたり、
今、ある髪の毛に対して
太くしたりするものです。

発毛剤は髪の毛がないところ
に髪の毛を生やすことを目的に
作られています。

化粧品は頭皮を整えたり、
清涼感を与えたりします。

ただ、最近は育毛剤でも
発毛剤に匹敵する成分が入っているものも
あります。

私、個人的には続けやすさや
副作用のことなどを考慮すると
育毛剤で発毛パワーのあるものが

一番使いやすいと思っています。

一番有名な発毛成分はミノキシジルですが、
ミノキシジルと同等のパワーを持つ成分が入った
商品はこちらです。