最近の育毛剤は無添加など、
安全性にも考慮して作られているものが多いので
割と安心して使うことができます。

それでも、副作用が起こってしまうことも
あります。

私はもともと肌が弱いので、
刺激のある成分などはなるべく使わないように
しています。

ここでは、アレルギーやその他の
副作用を起こす可能性のある成分を
みていきたいと思います。

育毛剤選びの助けになれば嬉しいです。

ミノキシジルとフィナステリドの副作用

育毛剤でよく聞く成分といえば、
ミノキシジルフィナステリドだと思いますが、
この2つには副作用の可能性もあります。

ミノキシジルは外用薬でフィナステリドは内服薬になります。

ミノキシジルの副作用として多いものが
我慢できないほどの痒みです。

痒みはかいてしまうことにより
頭皮に深刻なダメージを与えてしまうことが
ありますので、痒みが出た際は

すぐに使用を中止することをおすすめします。

その他、低血圧やアレルギー反応といった副作用も報告されています。

フィナステリドは胃の不快感や性欲減退といった
副作用が報告されています。

また、妊娠中の女性と授乳中の女性は
絶対に使用してはいけません。

ミノキシジルもフィナステリドも医薬品ですので、
医師や薬剤師の指示にしっかり従い、
異常が出たらすぐに使用を中止してください。

その他の副作用が考えられる成分

・塩化カルプロニウム

副交感神経を刺激して血管を拡張して血行を改善する効果があります。
神経を刺激する薬なので、
人によっては目眩や吐き気などの副作用がある場合があります。
また、妊娠中の女性が使用することは禁じられています。

・安息香酸エストラジール

女性ホルモンステロイドです。
男性ホルモンを抑える役割で処方されています。

ステロイドは副作用が出やすい薬剤です。
人によっては肝機能障害がでる場合があります。

・レゾルシン

殺菌・抗菌・防腐剤としての役割があります。
現在では表示が義務づけられ、
処方量も規制されている成分です。

タンパク質溶解作用があるので、
皮膚や粘膜に炎症を起こす場合があります。

・タカナール

細胞を活性化する成分ですが、
アレルギーを起こす可能性があります。

 

 

この他にも香料などでも
かぶれやアレルギーなど副作用が出てしまうこともあります。

実際、私も香料で肌荒れを起こしたことが
あります。
頭皮の状態は育毛にはとても重要なので

自分に合わない育毛剤はすぐに変えた方が良いですね。

そして、なるべく安全な育毛剤を選んでください。
最近では成分表示義務があるので、
気になる方は調べてみるのもいいかも知れません。