ヘアトニックという商品もよく見かけますよね。

値段も育毛剤よりも手頃でドラッグストアでも入手が
可能なので、気になる人も多いと思います。

育毛剤とヘアトニックの違いは?

と聞かれるとはっきり答えられる人は
なかなかいないと思います。

ここでヘアトニックと育毛剤について
説明していきたいと思います。

ヘアトニックってどんなもの?

ヘアトニックは薬事法上は『化粧品』として
分類されているものが多いです。

ヘアトニックの一番の目的は
”頭皮の不快感を取り除くこと”、
そのため、殺菌効果のあるアルコールが含まれている商品がほとんどです。

そして、『頭皮の香水』と呼ばれることもある
ヘアトニックはメントールの香りがしたり、
頭皮の匂いを予防したり、ごまかしたりする効果もあります。

また、かゆみを予防する成分や血行を促進する成分が
入っていたりもします。

このように見ていくと頭皮の環境改善や爽快感が
ヘアトニックの目的だということが分かりますね。

育毛剤はどんなもの?

一方で育毛剤のほとんどは『医薬部外品』に分類されて
いるものがほとんどになります。

医薬部外品は医薬品よりも効果は穏やかだけど、
症状の改善効果が期待できるもの、ということになります。
育毛剤の場合は薄毛に対しての改善ということになります。

そのため、薄毛が改善されると考えられる成分が
入っているものがほとんどです。

ヘアトニックは育毛に必要か?

いかがでしょうか?

ヘアトニックと育毛剤の違いはお分かりいただけましたでしょうか?

では、「ヘアトニックで頭皮の環境を整えてから育毛剤をつけたらいいのか?」
というと、それは一概には言えません。

私はヘアトニックは実はあまりおすすめしません。

その理由はいくつかありますが、

まずはアルコールです。
アルコールは揮発性で頭皮にたいして刺激があります。

頭皮は刺激を受けると厚く、固くなる傾向にあります。
そうすると結局、血行が滞ったり、栄養が行きにくくなります。

その結果、脱毛の原因になったりもします。

そして理由の2つめは香料の存在です。
私は肌が敏感なので余計に神経質なのかも
知れませんが、香料も頭皮の刺激になる場合がほとんどです。

その結果、頭皮が荒れるなんてことも多々あります。
(私は香料入りで荒れることが多いです。)

ヘアトニックは頭皮の匂いをケアしようと
匂いを消すのではなく、いい匂い(香料)を重ねてごまかす、
ということが多いです。

これは頭皮の根本的な解決にはなりません。

以上、髪に良さそうな物は何でも使えば
OKという事でもないですね。