粃糠性(ひこう性)脱毛症は比較的珍しい脱毛症です。
乾燥したフケが毛穴を塞いでしまい、毛乳頭が炎症してしまい、
脱毛を引き起こす脱毛症になります。

フケは頭皮の異常の1つとして皮脂と並んで
育毛サロンなどで目の敵にされやすいですが、
脂漏性脱毛症と同じく、フケそのものが脱毛症の原因ではありません。

粃糠性(ひこう性)脱毛症の原因

粃糠性(ひこう性)脱毛症はホルモンの異常でフケが異常発生し、
毛穴を塞いで毛乳頭に菌が繁殖して炎症をおこし、抜け毛が起こります。

脂漏性脱毛症と非常によく似ています。
実際、脂漏性脱毛症と粃糠性(ひこう性)脱毛症を併発する人もいます。

フケは季節などによっても増えることがあるため、
少しフケが増えると脱毛症を心配する人もいますが、

粃糠性(ひこう性)脱毛症はフケがかさぶたのようになって
毛穴を完全に塞いでしまう疾病です。

粃糠性(ひこう性)脱毛症の対策

皮膚科などではステロイドを処方される場合がありますが、
慢性的になるとステロイドでは効果が薄くなってきたり、
副作用も心配なので、粃糠性(ひこう性)脱毛症も根気よく内外からの体質改善が有効です。

・刺激の少ないシャンプーで頭皮を優しく洗う

・ビタミンBを積極的に摂る(ほうれん草、魚介類、豆類、卵類など)

・食物繊維を積極的に摂る(芋類、きのこ類、海藻類など)

・刺激物を避ける(酒、タバコ、インスタント食品など)

・適当な運動を心がける

絶対に洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシこすることはやめて下さい。
また、フケは乾燥が原因だから、
トリーメントをベッタリとつける人もいますが、

菌の繁殖の原因になりますでしないようにして下さい。