男性型脱毛症は思春期を過ぎた成人男性に見られる脱毛症で、
最近ではAGA(Androgenetic Alopeciaの略)と呼ばれる事も多くなってきたようです。

この脱毛症は発症する年齢によって大きく2つに分けられ、
20代~30代前半くらいの比較的に若い男性に見られる若年性脱毛症と
40代~50代くらいに多く見られる、壮年性脱毛症があります。

そして、この2つを合わせて男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。

男性型脱毛症(AGA)の原因

男性型脱毛症は主に男性ホルモンの影響で引き起こされる脱毛症です。

男性ホルモンはテストステロンというホルモン物質で
体内に5αリダクターゼという還元酵素と化合すると5αジヒドロテストステロン(5αDHT)という
ホルモンに変換されます。

5αDHTは毛乳頭にある受容体と結合してしまうと非常に強力な発毛抑制効果
発揮してしまいます。

そして発毛のサイクルが乱れてしまった結果、
毛髪が細くなってしまってり抜け毛が増えてしまったりします。

男性型脱毛症(AGA)の対策

フィナステリド(プロペシア)という薬が
最近では医療機関での男性型脱毛症の治療に広く使われています。

フィナステリド(プロペシア)には5αDHTを抑制する効果が認められています。
経口の錠剤という形での投与になります。

フィナステリド(プロペシア)は男性に関して言えば、
比較的副作用が少ない薬だと言われていますが、

摂取している人の約2%程度の人に性欲減退、
精子の減少、勃起不全、胃部不快感、
腹痛、下痢、頭痛、肝障害などの副作用がある可能性がある
と言われています。

尚、女性の使用はホルモンのバランスが崩れ、
服用すると胎児に副作用(胎児の生殖器官異常など)が起こる可能性があり、
服用厳禁となっています。

男性型脱毛症は遺伝的な理由が多いと言われていますが、
ホルモンに対する受容体の反応のしやすさや強さが遺伝してしまうだけで

脱毛症が遺伝するわけではありません

確かに抜け毛しやすい体質であることにはなりますが、
体質を改善することは可能です。

そのためには、
・亜鉛・イソフラボン・ノコギリヤシなどを積極的にとり、
男性ホルモンも抑える。

亜鉛はカキ貝やレバー、牛肉、卵黄、ごまなどに多く含まれています。

豆腐、味噌、納豆にはイソフラボンが含まれています。
ノコギリヤシはサプリメントで摂らなければ摂れません。

・規則的な生活を心がける

など継続的な体質改善を心がける必要があります。