脂漏性脱毛症はホルモンのバランスが崩れて過剰に皮脂が出て、
毛穴をふさいでしまい毛根に炎症が起きて、抜け毛につながる脱毛症
です。

脂漏性脱毛症は名前の雰囲気で皮脂が過剰で毛穴が詰まって
抜け毛になってしまうと思われる方が多いですが、
皮脂のせいではなく塞がれてしまった毛穴の周辺に菌が繁殖し、

毛根の炎症がが抜け毛の原因となります。
皮脂ではなく菌が脂漏性脱毛症の原因ということですね。

育毛というと「皮脂をとりましょう!」と一般的によく言われるため、
育毛サロンなどでも脂漏性脱毛症と診断されることが多いですが、
実は脂漏性脱毛症の人はかなり少ないと言われています。

脱毛症で悩む方の1%にも満たないと言われています。

脂漏性脱毛症の特徴は肉眼でわかるほどに皮脂が毛穴を塞いでいて
皮脂を取り除くと毛穴が赤く炎症していることです。

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症はホルモンによる影響が原因としては一般的です。
ホルモンというのはかなり分かっていないことも多く、
はっきりホルモンの乱れがなぜ起こるのかというのは解明されていません。

栄養の乱れストレスが主な原因と考えられてはいます。

脂漏性脱毛症の対策

・頭皮の炎症や皮脂の過剰分泌が収まるまでは刺激の少ないシャンプーで洗髪し、
必ずドライヤーで髪の毛を完全に乾かしてから寝ること。

・ビタミンBを多く含む、ほうれん草、魚介類、豆類、卵類、を摂るように心がける。

・食物繊維を多く含む、芋類、きのこ類、海藻類など野菜を多く摂るように心がける

・良い油を摂るように心がける(亜麻仁油、エゴマ油など)

・刺激物、酒、タバコ、インスタント食品、お菓子類などを避けるように心がける

・適度に運動をしてストレスを発散する

皮脂が多く出ているからと言って外から洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ洗ってしまう、
などがよくしてしまいがちですが、これは炎症に悪影響になりますのでやめて下さい。
皮脂は取ればいいというものでもありません。

適量の皮脂は頭皮に必要です。

それよりも、身体の中から整えて行くことがホルモン系の脱毛症には大切になります。

また、炎症が強く、痛みを伴っていたり、痒みが出ている場合には皮膚科の診察を受け、
外用抗真菌剤や抗ヒスタミン剤の投与する場合もあります。

その際はステロイド系の薬を使わないようにしてください。
悪化する恐れがあります。