019574
高額なお金を払って行う自毛植毛。

成功すればカツラと違う自然さや
効果も半永久的に続くなど、
効果の高さにときめく人も多いでしょう。

が、しかし、そこにはリスクが潜んでいることも忘れてはなりません。

よくある失敗例

その1:傷が目立ってしまう。

自毛植毛の方法は自分の頭皮を
切って薄毛の部分に移植しますが、

その際の切り取った傷口が目立ってしまう、というものです。

自然な頭を目指したはずが不自然な傷のせいで余計に注目されてしまう、
という悲しいパターンもあるようです。

美容師の友達が
「お客さんで頭がボコボコの人がいた。」
と話していたことがあります。

やはり自毛植毛の失敗だということでした。

その2:デザイン的に変

これもかなり嫌ですね。
大金を払って変な頭にされては
たまったものではありません。

人の頭にはクセや毛の自然な流れや
部分部分での毛質の違いなどが
あります。

この辺をしっかりと考慮して
デザインをしてくれる医者に
手術してもらわないと、

下手をしたら「カツラの方がまだ自然」
ということにもなりかねないのです。

その他にも頭皮の荒れ脱毛の増加、
効果が全く感じられないといった
失敗もあるようですね。

外科的な手術ですから美容整形と
同じで失敗というのはつきもののようです。

自毛植毛をする際には
信頼できる医者と相当の覚悟を持って
のぞまれる事をおすすめします。