AGAを最近は病院で治療できます。

AGAの病院治療の費用は?

ただしAGAの治療は保険適用外の自由診療になります。

だから料金も病院によってバラバラです。
何軒かの病院でカウンセリングして
自分の費用にあったところを探すのもいいかもしれません。

AGA治療で使われている
飲む育毛剤と言われている「プロペシア」
病院で処方してもらうと1錠250円になります。

プロペシアは1日1錠を服用するタイプなので
薬代だけで7500円になります。

病院では薬と治療費を合わせて
月の費用は平均10000円~15000円くらいのようです。

AGAを治療する病院は専門クリニックが良い

もしも、AGAを病院で治療しようと思うなら、
AGAの専門医がいる病院に行くのがおすすめです。

AGAの治療薬のプロペシアは内科や皮膚科などでも
処方してくれるのですが、
プロペシア単品での発毛率は低いそうです。

だから、専門医の診察を受けて、
個人の体質にあった他の薬との併用であったり
その他の治療も積極的に行うことで発毛率というのは上がっていきます。

AGA専門病院と一般病院の頭髪治療の違い

AGA専門病院 一般病院の頭髪治療
医師 専門医 一般医師
検査 あり(採血など) なし
診察 あり
(医師による問診・触診・視診など)
なし
効果判定 あり
(来院時に頭部撮影など)
なし
費用 月額20.000~30.000円程度 月額9.000~15.000円程度
通院頻度 月に1回程度 3ヶ月~6ヶ月に1回程度
メリット ・専門医が個人にあった育毛治療を提案してくれる
・積極的に発毛のための治療をしてくれる
・治療薬も豊富
・効果を実感しやすい(効果判定)
・費用がやすい
・病院にいく回数が少なくてよい
・現状維持に向いている
デメリット ・費用が高い
・1ヶ月に1度は病院に行かなければならない
・検査なしの場合が多いので自分にあった治療か不安
・ほとんど診察がないのでホームケアの相談などはできない
・積極的な発毛治療ではない

最近は無料カウンセリングをしてくれる病院も多いようです。
(きっと勧誘されるので、それは覚悟で行くことおすすめします。)

また、プロペシアは海外の個人輸入で購入することも可能ですが、
プロペシアには副作用の報告も多く出ているので
個人的には医師の診察を受けて処方してもらうことをおすすめします。