AGAのクリニックでは遺伝子検査や血液検査を行います。

AGAクリニックの検査では何が分かるのでしょうか?

・DHT(ジヒドロテストステロン)検査

DHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンが変化したものです。
DHTには強い抑毛効果がありますが、
そのDHTの量を調べる検査になります。

・アンドロゲンレセプター遺伝子検査

DHTの受容器がアンドロゲンレセプターです。
これが活発に働くことでDHTを活発に体内に取り込んでしまいます。

この検査は男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうかを
調べます。

・毛髪のミネラルバランスの検査

ミネラルは身体を健やかに保つために
大切なものですが、髪の毛にとっても同様です。

この検査をすることによって
被験者の栄養バランスや食生活などが分かります。

血液検査の主な内容は以上になります。

そして、更に詳しく調べたかったら
以下のような検査もあるようです。

・末梢血管血流検査

血管は毛乳頭へと栄養と酸素を運ぶ大切なもの
ですが、血液がドロドロだとうまく
栄養が運べません。

末梢血管とは身体の先っぽの血管のことです。
末梢血管は心臓から遠いために
血流が悪くなりがちです。

そして、頭皮の血管も末梢血管になります。

・ストレス検査

人の身体はストレスを感じると交感神経が
激しく反応して血管を縮ませて、筋肉を固くします。
呼吸も浅くなってきます。

このような状態が続くと
唾液にはアミラーゼが溜まってきます。

この唾液のアミラーゼの量を測るのが
ストレス検査になります。

・オイリー&モイスチャー検査

頭皮の状態の検査です。

脂の量や水分の量を検査します。
この検査をすることによって
育毛剤の種類やシャンプーの種類を

選別する助けになります。

もちろん調べなくても育毛はできます。
しかし、調べてから育毛をすると自分にあった
育毛法を見つけやすという利点があります。

私個人は検査の必要性はまだ感じていないので
受けていませんが、
もし、今後、育毛の効果が薄くなってきたりしたら

1度調べてみるかもしれません。