先日、成長因子の記事
書きましたが、

髪の毛の成長のためには、
ホルモンや栄養素だけを存分に与えてればいいという訳ではなく、
成長因子の活性化がもっとも重要なこととなります。

またこの成長因子とは細胞を活性化させる働きをしていますので、
髪の毛の成長のための働きはもちろん、
肌や体内の健康のためにも役に立っています。

成長因子を得るためにはサプリメント等で摂取する方法や、
クリニックなどで注入してもらうという方法があります。

しかし過度に摂取しすぎてしまうと、
副作用を起こす場合もありますので注意が必要です。

それほど頻度の高い副作用ではないのですが、

悪性の腫瘍に対して影響をあたえてしまう可能性が成長因子には含まれています。

したがってガン患者の方などが成長因子を摂取しすぎてしまうと、
その症状を悪化させてしまう危険性があります。

ただし、発ガン性を持っているというわけではありませんので、
あくまで使用時点の段階でガン等の症状がある方の場合です。

またもうひとつの副作用として、
肌がむくんだようになってしまうことがある、というものがあります。

いずれも過度に摂取してしまった場合のみですが、
成長因子を作為的に活性化させようとする場合は、
こういった事象をしっかり把握しておくことが大切です。

またこれらの副作用は直接注入したりする場合で、
なおかつ過度に摂取してしまった場合です。

サプリメント等での摂取ではその成分の量も少量ですので、
こういった副作用を起こしてしまう心配はまずないと思って大丈夫です。