今でも発毛薬に関する研究は
日々行われていて、
その研究は日々進歩しているようです。

発毛に関する研究結果に関して
今日は書いていきます。

アメリカのイェール大学では
脂肪細胞が発毛に関係している
という研究結果が発表されています。

脂肪細胞と発毛がどんな風に関係しているのか
というと、

「脂肪細胞が発毛のシグナルを出している。」

というのです。

男性型脱毛症(AGA)の人は
毛嚢に幹細胞という髪を生やす細胞が
確認されているのですが、

この幹細胞は「髪を生やせ」という
シグナルを受けて初めて
活動するものなのです。

今まではこのシグナルがどこから
発せられているのかが不明だったのですが、

今回、イェール大学の発表した研究結果によると、
この信号は皮膚下の含脂肪細胞から送られてくるらしいのです。

意外ですよね?

脱毛が進むと頭皮の脂肪層が薄くなって、
毛髪が再生する時にはこの脂肪層がまた
増えてくるとのことです。

マウスを使った実験でこの脂肪層の増加に関わっている
脂肪前駆体細胞という幹細胞の一種が
毛髪の再生自体にも大きな役割を担っているとが明らかになっています。

研究チームは脂肪前駆体細胞から発せられるシグナルをさらに分析し、
人間でも同様の働きが期待できるかを解明していきたいとのことです。

この研究が進めば、発毛シグナルを止めずに
髪の毛が抜けない、薄くならない状態を
作れる、ということですね。

これはすごく楽しみです。

ただ、新薬などの開発って時間がかかるんですよね・・・。

私としては今の一瞬、一瞬が大切なので、
育毛剤で全力でのケアを続けつつ、
新薬の登場も楽しみに待ちたいと思います。

当サイトのオススメ育毛剤一覧はこちらの
ページから。
おすすめ育毛剤一覧