育毛で漢方というのはなかなk思いつきませんが、
漢方にも育毛に有効な薬があるようです。

漢方の考え方

西洋医学では毛母細胞に栄養や有効成分を届けて
発毛を促進しようと考えますが、
東洋医学は身体を全体で捉えているので、

発毛のしやすい体質に改善する、機能を回復させる
というのが考え方になります。

その為、外用薬だけではなく、内服薬が重要になってきます。

漢方には副作用がないのか?

漢方は天然の成分のみで作られています。
その為、副作用がないように考える人もいますが、
そんなことはありません。

組み合わせや摂り方によっては毒にもなりえますので、
しっかりと専門家のアドバイスに従った方法で
服用するようにしてください。

育毛に効く漢方薬

漢方の考え方では、髪の毛は
腎臓が大きく関わっているようです。

中国医学では若さや生命の源は「腎」にあると考えているようです。
この機能が下がることによる、毛母細胞の機能も弱り、
毛が細くなり、抜け毛が増えるということのようです。

その為「腎」の機能を高める漢方薬で
「腎」の機能を高める事により、
身体が若返り、毛母細胞も活性化されるのです。

・女貞子・早蓮草(じょていし・かんれんそう)
・至宝三鞭丸(しほうさんべんがん)
・海馬補腎丸(かいまほじんがん)
・オリヂンP顆粒(プランセタ)

上記の漢方が腎の機能を高める漢方です。

そして、2番目の「血」に関してです。

漢方では血が過剰にあって血流が滞ることを「お血」
といい、
反対に血が足りないことを「虚血」といいます。

どちらの状態も髪には良くないとされています。

さらに、甘いものや添加物の多いものを食べ、
夜ふかしなど不摂生な生活をしていると、
「湿熱(しつねつ)」「血熱(けつねつ)」

いった老廃物が体の中に生み出されていき、
血液がドロドロになり、
毛母細胞に栄養や酸素が不足しがちということになります。

・瀉火利湿顆粒、
・清営顆粒
・冠元顆粒

これらが血行の改善や老廃物の除去に役立ちます。