更年期障害は女性が閉経にねる
前後の大体40代~50代前半ごろに
ホルモンのバランスが崩れることにより、

イライラ・ウツ、異常な発汗などの症状が
出るものです。

女性特有のものだと思われがちですが、
男性も更年期障害になります。

その原因は男性ホルモン(テストロステロン)の
減少によるものです。

男性には閉経というものがなく、
男性ホルモンの減少は
女性ホルモンの減少に比べて

ずっとゆるやかなので、
男性の更年期障害はわかりにくくなっています。

男性の更年期障害の発症も女性の更年期障害と
同じく40代後半~50代が多いです。
ただ、個人差が大きく30代でも男性ホルモンが減少し、

男性更年期障害になる場合もあります。

男性の更年期障害の場合には
女性のように、イライラ・ウツ・異常な発汗に加えて
前立腺の疾患・性欲の減退・食欲不信などがあります。

特にウツのような症状になることは
多いですね。

見落としがちな男性更年期障害、
こんな症状はありませんか?

・原因不明に落ち込む・イライラする・なんか不安
・休んでも疲れが取れない・ずっとダルイ
・性欲がわかなくなってきた

こんな症状があったら病院での診察を受けてください。

女性の更年期障害と比べて、
まだ認知度の低い男性の更年期障害は
診察を受けるのに迷いますが、

症状によるようです。
ダルイ、疲れるなら内科、
「尿に勢いがない」「勃起不全」などは泌尿器科

そして、様々な検査を受けても改善しないようだったら
精神科も受けるといいようです。

男性の更年期障害と薄毛は関係あるの?

男性ホルモンが減少することにより、
起こる男性更年期障害は

男性ホルモンが減るのだから、
『男性型脱毛症に良いのでは?』なんて
思う人もいるのですが、

そうはいかないのです。

そもそも男性型脱毛症(AGA)の人は
毛乳頭にある、男性ホルモンの受容体が活発かどうか
で決まるからです。

男性ホルモンが減少してもこの受容体が活発なかぎりは
男性型脱毛症の改善にはならないのです。

それよりも、男性更年期障害の影響でストレスが溜まってしまい、
薄毛につながってしまう場合もあるので
男性更年期障害は早めに対応しましょう。