禿げていて、太っていたりすると、
女性からは「エロそう」に見られることが
多いようです。

確かにハゲって何となく絶倫のイメージもあるような・・・。

なぜ男はエロいのか?

男がエロいのは男性ホルモンの仕業です。
男性ホルモンはそのほとんどを睾丸で、一部を副腎で作っています。

男性ホルモンはたくましい身体を作り、性欲を高めます。
また、男性ホルモンは競争心や闘争心も高めるので、
昔の英雄にはかなりエロい人が多かったようです。

男性ホルモンとハゲの関係

男性ホルモンとハゲが関係あるのか、どうか?
1940年代にアメリカのハミルトンという人が
男性ホルモンとハゲの関係性についての実験を行っています。

それによりますと・・・
①ハゲが進行中の人が去勢をしたらそれ以上ハゲが進行しなかった。
②①の去勢した人に男性ホルモンを投与したら再びハゲが進行し始めた。
③もともとフサフサの人に去勢したあとに男性ホルモンを投与してもハゲなかった。

ということは男性ホルモンはハゲになる原因の1つだけど、
ならない人もいるということですね。

それでは男性ホルモンが多いのにハゲる人とハゲない人は
どう違うのでしょうか?

男性ホルモンのテストロステロンは5αリダクターゼという
酵素と結びつくと5αジヒドロテストステロン(5αDHT)というホルモンに変換されます。

そして、この5αDHTが毛乳頭の中の
受容体と結びつきます。

5αDHTには強い抑毛作用があり、
髪の毛成長を遅らせたり、
止めてしまったりします。

どうやら、男性ホルモンの量よりも
5αDHTをキャッチする受容体が活発かどうか
ハゲるかどうかの分かれ道のようです。

最近では育毛剤は5αDHTの働きを邪魔するものが
多く出ています。

ということで

「エロい男性はハゲるのか?」
の答えは
「エロくて受容体が活発ならハゲる」
ということでした。