育毛剤などの外からのケアも大切ですが、育毛には体質改善が必要 になってきますので、
身体の内側からのケアも大切です。

髪の毛と栄養 髪の毛は身体の一部ですので食べ物やサプリメントなどで取り入れた栄養で 出来ています。

毛細血管で運ばれてきた栄養や酵素は毛根にある「毛乳頭」 という部分に取り入れられ、
髪の毛を作る工場とも言うべき「毛母細胞」へと引き渡されます。
そして毛母細胞が細胞分裂をして髪の毛が生えてきます。

髪の毛に栄養は届きにくい 身体は内蔵や命を維持するところに優先的に届けていきます。
髪の毛は生命維持に関係のない部分なので身体は髪に栄養を送るのを 後回しにします。
だからしっかりと十分な栄養を摂らないと髪の毛まで栄養がいかない、 ということになっています。

育毛で効果をしっかり出していくならば規則正しい生活だけでは 十分ではないので、
髪の毛に必要な栄養を意識的に摂る必要があります。

当サイトで髪の毛に必要な栄養を覚えて日頃の生活でしっかりと摂っていって下さい。

髪の毛に必要な栄養

栄養 効果 含有食品
亜鉛  髪の毛の材料であるケラチンを作る
日本人には不足しやすい栄養
 牡蠣、あさり、海藻類、納豆、アーモンド
タンパク質 髪の毛の原料になる
特にシスチンとメチオニンというタンパク質は髪の原料
納豆、豆腐、鶏肉、牛乳、青魚
ビタミンB2 髪の毛や爪などの再生を助ける働き
不足すると脂っぽい肌になりやすい
レバー、うなぎ、納豆、たらこ、卵
ビタミンE 抗酸化作用があり、老化防止となる
血行をよくする働きもある
すじこ、たらこ、アーモンド、煎茶
ビタミンC 抗酸化作用と肌荒れを防止する 柑橘類、緑黄色野菜
酵素 新陳代謝の時に必ず必要 生の野菜、果物(火を通していないもの)
食物繊維 毛髄質の原料 玄米、さつまいも、ごぼう、きな粉

避けた方が良い食品など

血行の妨げになってしまうようなものは避けた方が良いです。
例えば、食品ではないですが、タバコなどは吸うと血管が収縮してしまうことが
分かっています。

その他、刺激物も避けた方が無難です。
コーヒーアルコールなどは完全に刺激物となります。

こちらの毛髪と育毛に必要な栄養に関して詳しいサイトも参考になります。
こういった情報も参考にして体質を改善することも育毛への第一歩です。