「薄毛ケアには栄養が大事です。」

とこのサイトでは散々、しつこいくらい話していますが、
今回も強調しておきたいと思います。

 

髪の毛というのは身体の中の栄養を使って
生えるので、身体の中から薄毛ケアをする
必要があります。

特にミネラルは日本人に不足しがちな栄養素で、
なおかつ、髪の毛の質を向上するのに
欠かせない栄養素です。

しかし、毎日、毎日栄養をバランス良くとり、
ミネラルをとっていくのはなかなか大変です。

そこでオススメなのは

“青汁”です。

青汁はミネラルがバランス良く配合されている他、
食物繊維やたんぱく質なども配合されていて、
手軽に栄養のバランスがとれます。

最近の青汁はかなり飲みやすいので、
私も毎朝飲んでいますが、
全く苦になりません。

青汁は原料が
「ケール」のもと、
「大麦若葉」のものの2種類に

大きく分かれるようですが、
薄毛予防におすすめしたいのは
「ケール」を原料としているものです。

ケールの方が大麦若葉よりも
タンパク質やミネラルを多く含んでいます。

また、髪の生成に欠かせない、
亜鉛も含んでいます。

亜鉛はなかなかとれない上に
不足すると髪が弱ったり、
髪の成長が遅くなったりしてしまいます。

とても大切な栄養素ですから、
きちんととっていきたいですね。

薄毛ケアで有名な「リーブ21」という
会社も青汁を販売しています。

そちらは髪の毛に必要なミネラル・たんぱく質に
加えて女性ホルモンに似た働きをする
大豆イソフラボンも配合しているようです。

薄毛ケアの会社も青汁を販売しているということは
青汁の有効性を認めているということでしょうね。

ただ、リーブ21の青汁は他の青汁に比べて
かなり割高です。

わざわざこの青汁にしなくても
良いのではないかなという気もします。

やはり薄毛ケアには毎日のバランスの良い食事が
大切ということですよね。

ただ、忙しい方も多いでしょうから
青汁はお手軽で続けやすいと思います。

そして、もちろん育毛剤での
外からのケアもお忘れなく。

当サイトのオススメはこちらです。