薄毛に悩まれている方は非常に多くおられますが、
昔からよく「ハゲは遺伝する」などということを言われてきました。
誰もが一度はそういった迷信のような話を聞いたことがあるはずです。

迷信のような気もしてしまいますが、
事実薄毛に悩んでいる方の家系をみると、
お父さんであったりまたお爺さんであったり、

みんな同様に薄毛となってしまっている、
というケースが多いのも事実です。

この薄毛が遺伝してしまうというのは実は本当のことなのです。
厳密にいえば、薄毛が遺伝するというよりは、
薄毛の原因となる存在として非常に重要な

5アルファリダクターゼという成分があります。

この5アルファリダクターゼが遺伝してしまうため、
両親や祖父母などの
家系と同様薄毛を引き継いでしまうことが多くなってしまうのです。

この5アルファリダクターゼの遺伝率は
3分の2と言われていますので、
かなり高確率でその遺伝子を引き継いでしまうということです。

特に、男性型脱毛、AGAは間違いなく
遺伝によるものだと言われています。

遺伝である以上もはや自分の薄毛や抜け毛は
抵抗しても無駄なことなのかな、
と肩を落としてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、

この5アルファリダクターゼによることが原因ですので、
要は5アルファリダクターゼの発生を抑えることができれば、
薄毛の対策とともに育毛効果が期待できるということでもあります。

5アルファリダクターゼによる
影響は以前より注目されていますので、

これを抑制するための薬品やサプリメントもありますから、
そういった製品で体質改善を試みてみるのも良いことです。

また、最近では育毛剤も5アルファリダクターゼの
影響を抑える成分が入っているものが多数発売されています。

当サイトでも紹介していますので、
よければ参考にしてみてください。